NEWS & TOPICS

2024.01.31

2024年1月31日(水)15時におけるHeat-Gw-PowerCASCADEの運転成績です。省エネ効果に関しては4月からの積算値です。

1月6日~1月31日までの約1ヵ月間のエネルギー削減量は6324-5446=878kWh。CO2削減量は2858-2460=398kg-CO2。

2024.01.09

2024年1月5日(金)16時におけるHeat-Gw-PowerCASCADEの運転成績です。省エネ効果に関しては4月からの積算値です。

12月1日~1月5日までの約1ヵ月間のエネルギー削減量は5446-4212=1234kWh。CO2削減量は2460-1916=544kg-CO2。

2023.12.05

2023年11月30日(木)17時におけるHeat-Gw-PowerCASCADEの運転成績です。省エネ効果に関しては4月からの積算値です。

11月1日~11月30日までの約1ヵ月間のエネルギー削減量は4241-3847=394kWh。CO2削減量は1916-1738=178kg-CO2。

 

2023.11.08

2023年10月31日(火)14時におけるHeat-Gw-PowerCASCADEの運転成績です。省エネ効果に関しては4月からの積算値です。

9月30日~10月31日までの約1ヵ月間のエネルギー削減量は3847-3627=220kWh。CO2削減量は1738-1639=99kg-CO2。

2023.10.02

2023年9月29日(金)14時におけるHeat-Gw-PowerCASCADEの運転成績です。省エネ効果に関しては4月からの積算値です。

9月8日~9月29日までの約1ヵ月間のエネルギー削減量は3627-3055=572kWh。CO2削減量は1639-1380=259kg-CO2。

2023.09.11

2023年9月7日(木)14時におけるHeat-Gw-PowerCASCADEの運転成績です。省エネ効果に関しては4月からの積算値です。

8月2日~9月7日までの約1ヵ月間のエネルギー削減量は3055-1741=1314kWh。CO2削減量は1380-786=594kg-CO2。

2023.08.02

2023年8月2日(水)14時におけるHeat-Gw-PowerCASCADEの運転成績です。省エネ効果に関しては4月からの積算値です。

7月3日~8月2日までの約1ヵ月間のエネルギー削減量は1741-812=929kWh。CO2削減量は786-366=420kg-CO2。

2023.07.04

去る6月14日(水)、「令和5年度 定時総会」が開催されました。定時総会終了後には大谷具幸先生(岐阜大学工学部教授)から、「最近の地中熱利用の動向と普及拡大に向けた技術開発の取り組み」と題した特別講演がありました。(現在の会員企業:27社)

 

 

2023.07.03

2023年7月3日(月)14時におけるHeat-Gw-PowerCASCADEの運転成績です。省エネ効果に関しては4月からの積算値です。

4月1日~7月3日までの約3ヵ月間のエネルギー削減量は812kWh。CO2削減量は366kg-CO2。

2023.02.22

 去る2月15日(水)、『令和5年 新春特別講演会・賀詞交歓会』が開催されました。

 新春特別講演会では冨樫聡先生(国立研究開発法人 産総研 主任研究員)から、「地中熱・地下水熱利用に関する最近の技術動向とこれから期待されること」と題して、2050カーボンニュートラル達成に向けた地中熱の位置づけと、地下水循環型地中採放熱システムを含む地中熱・地下水熱利用技術に期待される事に関し、貴重なお話をしていただきました。講演会終了後には会員企業17社(30名)の参加で賀詞交歓会が執り行われました。これはコロナ禍の影響により、当協会設立以来初となる意見交換会であり会員企業の親睦を深めることが出来ました。

 なお、令和4年度途中より施工会員Aとして三和ボーリング㈱、ライフライン長野㈱が、賛助会員として大建工業㈱が新規入会しました。

2020年度省エネ大賞受賞のお知らせ
地中の恵みを社会の活力に/地下水循環型地中採放熱システム/Heat-Gw-Power CASCADEの実力